Back to basic KIDS LOVE GAITE

革靴復権の狼煙を上げる KIDS LOVE GAITE のシューズコレクション

そろそろ革靴をワードローブの主役にしてみてはいかが?


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : KIDS LOVE GAITE

長く続いているスニーカーブームを経て、今履きたいのはベーシックな革靴

つい先日投稿したNOCTA Air Force 1「Certified Lover Boy」で「スニーカーが今でもストリートでもっともヒップなシューズである」と書いたばかりではあるものの、革靴の勢いがここ最近盛り上がってきている。各メディアが革靴をフィーチャーする内容の特集を組む頻度が増えていること、そしてこの春夏のトレンドのひとつがデニムであることもその勢いを後押ししているようだ。LIVE IN RUGGED読者の方々にとっては革靴もスニーカーも分け隔てなく日々愛用されているマストアイテムだと思うけれど、革靴復権の流れはグッドニュースではないだろうか。
そんな中、シューズブランドの〈KIDS LOVE GAITE(キッズ・ラブ・ゲイト)〉が「Back to basic」をテーマに2022年春夏コレクションを発表。コレクションテーマの通り、ウイングチップシューズからモンクストラップシューズ、ローファーといった定番的存在のレザーシューズの普遍的な良さを活かしつつ再解釈した魅力的なアイテムが勢ぞろいしている。何年にもわたって続いている空前のスニーカーブームを経て今履きたいのは、ベーシックな良さが光る革靴だ。

Back to basic KIDS LOVE GAITE
Back to basic KIDS LOVE GAITE

Back to basic KIDS LOVE GAITE
Back to basic KIDS LOVE GAITE

Back to basic KIDS LOVE GAITE
Back to basic KIDS LOVE GAITE

Back to basic KIDS LOVE GAITE
Back to basic KIDS LOVE GAITE

気構えることなくデイリーで履ける定番シューズがズラリ

雰囲気たっぷりのLOOK画像と共に発表された最新コレクションは、先に述べたようにオーセンティックな革靴がメイン。しかし、このブランドらしく靴紐をブランド名入りの白いタイプにしたり、ローファーのタッセルが通常よりも大きなサイズだったりと、遊び心も表現されているのがポイント。スニーカーに慣れすぎてしまった人にとって、あまりにかっちりしすぎた革靴だとやや抵抗があるかもしれないけれど、〈キッズ・ラブ・ゲイト〉の革靴であればいつものコーディネートのまま気軽に着用できるのではないだろうか。メンズシューズに少量のストリートマインド(=遊び心)がミックスされたユニークなデザインは、気構えることなくデイリーで履くことができるはずだ。
〈キッズ・ラブ・ゲイト〉の2022年春夏コレクションは公式サイトにて発売中。今すぐ履ける様々な定番シューズがラインアップされているので、まずはどの革靴が自分好みかをじっくり眺めて悩みたい。
LIVE IN RUGGEDがお届けする革靴関連の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。