RIMOWA x PORSCHE Pepita

RIMOWA × PORSCHE がハンドキャリーケース「PEPITA」をローンチ

フロントに〈PORSCHE〉のクレストをあしらった高級感あふれるデザインに。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : RIMOWA

本質的な上質さを追求する〈RIMOWA〉と〈PORSCHE〉が初コラボ

ドイツのカッチリとした工業製品が好きな人にとって、このコラボレーションはまさに夢のような組み合わせだろう。スーツケースメーカーとして1898年に創業した〈RIMOWA(リモワ)〉と、ドイツ製高級スポーツカーの代名詞的存在である〈PORSCHE(ポルシェ)〉の初となるコラボレーションには、「Made in Germany」の誇りが詰まっている。4月21日(木)に発売される特別なキャリーケースについて、じっくりと探ってみよう。
ラグジュアリーブランドと高級自動車メーカーがコラボレーションすること自体は決して珍しくはないけれど、今回は過去に他のブランド/メーカー同士で実現してきたコラボレーションと比べても親和性も納得感も高い。フィールドはまったく異なるものの、両ブランドにはいくつもの共通点を見出すことができるからだ。
まずは、クラフツマンシップを最大限に発揮した高級品を届けていること。特に〈ポルシェ〉は自動車を作っているためマシンメイドの割合は高いけれど、内外装至るところに今でも熟練した職人たちの手作業が入っていることは広く知られている。もちろん〈リモワ〉も同様だ。
そして古くからドイツを拠点に活動しており、同国が高品質な工業製品を生み出すことに長けているという評価を築くことに貢献してきた。
最後は、異なるモノを作っているのに、見た目から受ける印象に近しいものを感じること。〈リモワ〉のラゲッジと〈ポルシェ〉のクルマにあるメタルの質感や直線/曲線を織り交ぜたアプローチからは、金属的な冷たさと人の手を介して生まれた温かみのようなものが共存している。多くの人が美しいと感じるデザイン性の高さも共通しているし、本質的な美しさや上質をしっかりと見極め、余計なことをしない(元々ある良さをスポイルしてヘンテコなモノを作らない)点も同じだ。考えれば考えるほど〈リモワ〉と〈ポルシェ〉のタッグは自然で、これが初めてのコラボレーションとは思えないほどなのだ。

RIMOWA x PORSCHE Pepita
RIMOWA x PORSCHE Pepita

RIMOWA x PORSCHE Pepita
RIMOWA x PORSCHE Pepita

RIMOWA x PORSCHE Pepita
RIMOWA x PORSCHE Pepita

RIMOWA x PORSCHE Pepita
RIMOWA x PORSCHE Pepita

どんな旅もラグジュアリーにしてくれるキャリーケース

Pepita(ペピータ)は〈リモワ〉のシグネチャーであるグルーヴが入ったアルミニウム製のキャリーケース。〈ポルシェ〉911のファーストモデルからインスピレーションを得たデザインは、過剰さを排したミニマルなルックスで統一されており、性別を超えて使うことができる。もっとも特徴的なのはフロントに鎮座する〈ポルシェ〉のクレスト。実車に使われるものとまったく同じクレストを使用するというから〈ポルシェ〉好きにとってはたまらない!
TSA認証のロックとアルミニウムハンドルを備え、ケース内部にはジッパー付きのUポケットとシートベルトのようなXストラップを装備。セキュリティに配慮するとともに、旅行時に荷物を収めやすい機能を設けているのは〈リモワ〉であれば当たり前のことかもしれないが、シートベルトのような内部ストラップでさり気なくクルマ好きをニヤリとさせる演出はさすがだ。
コロナ禍によって気軽に旅行に行けない状況が続いているけれど、いつの日か自由に動き回ることができるようになったら、このキャリーケースはきっとどんな旅行でもラグジュアリーな体験に変えてくれるはず。
〈リモワ〉×〈ポルシェ〉ペピータは911個限定で、価格は39万8200円。すべてのプロダクトに製造番号が刻まれる。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ポルシェ〉の記事はこちらから。
クルマ関連の記事はこちらからご覧いただきたい。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。