CDG COMME des GARÇONS

COMME des GARÇONS が持つミニマルと洗練、自由なストリートマインドを手頃に楽しめる CDG の魅力について

ギャルソンならではのモードテイストと普遍的なストリートスタイルが混在する〈CDG〉から、今季おすすめのウェアを厳選。ブランド自体の魅力と共にお届けする。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : CDG

今「絶対買い!」のウェアをピックアップ

日本を代表するファッションブランド〈COMME des GARÇONS(コム・デ・ギャルソン)〉が2018年にスポーツストリートブランドとして立ち上げた新ブランド、〈CDG(シーディージー)〉。ファッション好きにとってはすでにおなじみのブランドである〈CDG〉は、〈コム・デ・ギャルソン〉が持つ削ぎ落としたミニマルさと分かりやすいロゴデザイン、そしてディフュージョンブランドならではの買いやすいプライスが最大の魅力。つまりファッショニスタが溺愛する〈コム・デ・ギャルソン〉の高いデザイン性を気軽に楽しめる魔法のようなブランドということ。
ということで、本稿ではここ1~2年〈コム・デ・ギャルソン〉の素晴らしさを改めて実感している筆者が今「絶対買い!」とおすすめしたい〈CDG〉のウェアを最新ウェアを紹介する。
【併せてチェックしたい】
COMME des GARÇONSはシャツ一枚に魔法をかける

機能性に優れたライトアウター、コーチジャケット

まずはコーチジャケットから。
〈CDG〉のコーチジャケットは奇をてらわないスタンダードなデザインと仕様になっていて、その着回しの良さから多くのファッション好きから重宝されている。フロントは何のプリントもないごくシンプルなルックスで、背面にアイコニックなロゴをプリントされており、多くのファンが〈CDG〉に求める通りのデザインになっていると言っていいだろう。
とはいえ、ロゴの一部にぼかしをかけるなどの遊び心もこのブランドならでは。ロゴデザインをメインとする〈CDG〉のウェアにはこういった少量のひねりが加えられているのがポイントだ。
価格はどちらも16,500円となる。

CDG COMME des GARÇONS COACH JACKET
CDG COMME des GARÇONS COACH JACKET

CDG COMME des GARÇONS COACH JACKET
CDG COMME des GARÇONS COACH JACKET

ストリートの絶対定番
誰もがオシャレに着られるフーディー&スウェット

続いて、ストリートの絶対定番であるフーディーとスウェットの中からピックアップ。
ストリートブランドのみならずありとあらゆるブランドから発売されているフーディーとスウェットは、男女問わず、そしてオンオフ問わずいつでも着用できるデイリーウェアのひとつ。だからこそ、自分なりのこだわりを持ちたいところ。
〈CDG〉のフーディーとスウェットはヘヴィーすぎず、薄すぎずの誰にとっても着やすい厚みのボディを使っているため、真夏以外すべてのシーズンでアウターもしくはインナーとして着用できる。着用可能シーズンが幅広い=それだけヘビロテしやすいということであり、コストパフォーマンスに優れているということでもある。逆に言うと〈Supreme(シュプリーム)〉のようなヘヴィーウェイトボディが大好きなんだ!という方には少々物足りないかもしれない。気になる方はぜひ店頭で手に取って確認していただきたい。
ピックアップしたフーディーとスウェットはどちらも〈CDG〉のブランドロゴを配した定番デザイン。フーディーはフロントに、スウェットは背面にロゴを大きくあしらわれており、ファッション好きであれば誰もが〈CDG〉であることを認識できる分かりやすいデザインが魅力だ。
価格はフーディーが16,500円、スウェットが14,300円となる。

CDG COMME des GARÇONS Hoodie
CDG COMME des GARÇONS Hoodie

CDG COMME des GARÇONS Sweat Shirts
CDG COMME des GARÇONS Sweat Shirts

これからの季節に最適なロンT&Tシャツは入門用としてもおすすめ

もっとも気軽に〈CDG〉を楽しめるウェアの代表格がロンTとTシャツだ。
ロゴがワンポイントであしらわれることが多い同ブランドのウェアの中で、ロンTはちょっと異質な存在。というのも、両袖に大きくロゴがプリントされたちょっと派手なデザインだからだ。本稿でピックアップしたロンTは右袖にサークル形のロゴ、左袖に「CDG COMME des GARÇONS」のロゴを配置。ボディには何のプリントも入っていないので、視覚的なデザイン性はスリーブ部分のみという変わり種なのだ。
それに対してTシャツはフーディーと同じくボディ正面に堂々とプリントされた定番のロゴが特徴。この分かりやすさも〈CDG〉の大きな魅力!
価格はロンTが9,900円。Tシャツは7,700円となる。

CDG COMME des GARÇONS LONG SLEEVE T-SHIRT2
CDG COMME des GARÇONS LONG SLEEVE T-SHIRT2

CDG COMME des GARÇONS T-SHIRT1
CDG COMME des GARÇONS T-SHIRT1

ファッショニスタ垂涎のアーカイブアイテムも!

最後に紹介するのは同ブランドの目玉アイテム。〈CDG〉はこれまで書いてきた通り〈コム・デ・ギャルソン〉のディフュージョンブランドとしてロゴを大きく打ち出した分かりやすいデザインがメインなのだけれど、実は過去に存在した〈コム・デ・ギャルソン〉のアーカイブアイテムを復刻するという一面も持っている。
以下に紹介する 84-85 STAFF BLOUSON と 1986 STAFF COAT はブランド初期の貴重なアーカイブを今新品として楽しめる珠玉の一着。どちらも当時のコレクションや店舗で〈コム・デ・ギャルソン〉のスタッフ用に作られた制服のような洋服であり、それが一般発売されているというだけでも貴重な存在だ。
84-85 STAFF BLOUSON はややゆったりとしたシルエットで、2022年の今着ても最高にクール。背面には「Automne-Hiver ’84-’85 COMME des GARÇONS」とプリントされており、さり気なく特別な一着であることをアピールしている。
1986 STAFF COAT はブルゾンに輪を掛けて特別感が漂う一着。Sサイズでも着丈が120cmもある超ロング丈やスリーブの柄の切り返しがいかにも上級者向けの雰囲気に仕上がっている。襟元は定番のボンバージャケットのような構造を模しており、現在の〈sacai(サカイ)〉にも通じるドッキングデザインであることもポイント。このいかにもモードブランドらしいデザインを現代の〈CDG〉で買えること…それが洋服好き、そして〈コム・デ・ギャルソン〉好きとしてとても嬉しい。
価格はスタッフブルゾンが36,300円。スタッフコートは44,000円となる。他の〈CDG〉のアイテムと比べると高価格に設定されているが、特別なウェアであることを考えると適切なプライスと言えるだろう。

CDG COMME des GARÇONS LONG SLEEVE T-SHIRT2
CDG COMME des GARÇONS LONG SLEEVE T-SHIRT2

CDG COMME des GARÇONS T-SHIRT1
CDG COMME des GARÇONS T-SHIRT1

〈コム・デ・ギャルソン〉譲りのシンプルで力強いデザインを純粋に楽しむべし

ロゴをメインにフィーチャーしたブランドは〈PLAY Comme des Garçons(プレイ・コム・デ・ギャルソン)〉以外では〈CDG〉のみ。スポーツカジュアルやストリートスタイルをベースにした洋服は様々なラインが存在する〈コム・デ・ギャルソン〉の中でも特に着やすい。90年代のストリートスタイルを思い起こさせるやや懐かしさのあるデザインも幅広い年齢層から支持される秘訣と言えるだろう。加えて、Tシャツで7,000円代~フーディーやコーチジャケットでもアンダー2万円という安価な価格帯も非常に魅力的だ。ディフュージョンブランドである以上は戦略的な価格であることが必須条件なので、今後登場するアイテムも基本的に買いやすいプライスであるのは間違いないだろう。
アイコニックなロゴデザインを主軸に、ファッション感度の高い人はもちろん、もっと洋服をカジュアルに楽しみたい層にも強く訴えかけるブランドという点で〈DOVER STREET MARKET(ドーバー・ストリート・マーケット)〉と共通する点が多い〈CDG〉。どちらも〈コム・デ・ギャルソン〉が手掛けるブランドと店舗であり、同社がブランドファッションビジネスにおいていかに優れた手腕を持っているかを如実に表している。
実際、ロゴデザインを主軸にした洋服という観点を見ると、ここ数年続いているストリートファッションの流行に対応したブランドであり、ビジネスとして「旨み」のあるブランドであることは間違いない。でも、基本カラーをモード感の強いブラックとホワイトに絞り、載せるグラフィックもシンプルなロゴがメインというミニマルなデザインに〈コム・デ・ギャルソン〉ならではの美意識のようなものを強く感じるのは筆者だけではないはず。〈CDG〉は姿かたちを変えた〈コム・デ・ギャルソン〉の表現方法のひとつなのだ。そう考えると、トレンドがどうこうとか、ディフュージョンブランドであることなどは一切どうでも良くなって、ただ純粋に〈CDG〉のシンプルで力強いデザインを楽しみたくなる。そして、難しいことを考えずに自分がかっこいいと思うアイテムを購入してヘビロテで楽しむのが〈CDG〉との最高の付き合い方なのだ。
なお、本稿で取り上げたウェア以外にも様々なデザインがあるので、気になる方は〈CDG〉公式オンラインストアをチェックしてみよう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈コム・デ・ギャルソン〉の記事はこちら
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。