Let's dress up with sacai x Nike Cortez

Nike Cortez 誕生50周年を祝う sacai とのコラボレーションモデルは22年末に登場か

待望のコラボレーションモデルはCortezのクラシックなデザインを活かしながら〈sacai〉のDNAを惜しみなく注ぎ込んだ傑作になりそうだ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FullRess

他モデルにはないクラシックなルックスが魅力のコルテッツ

Nike(ナイキ)〉のクラシックなランニングシューズ、Cortez(コルテッツ)の誕生50周年を記念して、日本のファッションブランド〈sacai(サカイ)〉とのコラボレーションモデルが2022年末に満を持して発売される。
〈ナイキ〉コルテッツは1972年にファーストモデルが誕生。〈ナイキ〉の共同創設者であるBill Bowerman(ビル・バウワーマン)が初めて手掛けたランニングシューズであるコルテッツは、当時オレゴン大学の陸上競技コーチも務めていたビルの品質への強いこだわりが反映されている。
ビルはコルテッツの開発過程において、指導するアスリートたちに試作品を履かせ、テストを繰り返したという。その過程において試作品のシューズを履いたアスリートの1人がトレーニング中に足を骨折するというアクシデントが発生。その際に試作品のコルテッツの土踏まず部分にサポートがまったくないという致命的な欠陥があることを発見した。その事故で得たデータをもとに改良を重ね、世界初となるフルレングスミッドソールクッショニングを備えたシューズであるコルテッツが完成した…という歴史を持っている。
それ以降、〈ナイキ〉コルテッツは陸上競技のアスリートをはじめとして、ランニングを趣味とする人々、そしてジャンルを問わないファッション好きからも分け隔てなく愛されてきた。50年前に誕生したモデルなので見た目的にはどうしてもクラシックな雰囲気があるけれど、このいなたいルックスもコルテッツの魅力だ。ジャージやハーフパンツのようなスポーツ系はもちろん、ジーンズやチノパンツのようなアメカジ、ちょっと小奇麗なパンツに至るまで意外なほど合わせやすいことも特徴。足元に程よい懐かしさを演出してくれる名モデルとして今も世界中のスニーカー好きから支持されている。

sacai x Nike Cortez
sacai x Nike Cortez

〈サカイ〉ならではのユニークなデザインアレンジが施され、唯一無二の一足に

昨年から登場が噂されてきた〈サカイ〉とのコラボレーションモデルは、同ブランドの代表を務める阿部千登勢氏のシグネチャーである2重構造のシュータンやレザーパーツ、プリントを重ねたダブルスウッシュなどのディテールを備えたアイコニックな一足。カラーウェイはビル・バウワーマンが1972年にデザインしたオリジナルモデルからインスピレーションを受けたホワイトベースになり、そこにグレー、ブルー、レッドを適度にあしらわれている。
もちろん〈サカイ〉ならではのアップデートはカラーリングを変更するだけではない。ミッドソールの前足部にAir Zoom Alphafly Next%(ズーム・アルファフライ・ネクスト%)などのモデルにも見られるビジブルZoom Airユニットを搭載することでオリジナルにはない快適性をプラスし、ただでさえ心地よいコルテッツ履き心地をさらに向上させる工夫が施されているようだ。
リラックスしたカジュアルなファッションとの相性は言わずもがなだけれど、個人的にはややタイドアップしたスタイルの外しとして着用するのもおすすめ。テーラードジャケット+白シャツ+スラックスの足元に合わせると意外性があって素敵だと思う。
〈サカイ〉×〈ナイキ〉コルテッツは2022年後半の発売を予定。価格などの詳細は現時点で明らかになっていないが、数ヵ月にわたり発売が待ち望まれているモデルなので、ローンチされればいつものように秒でソールドアウトになることは間違いないだろう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ナイキ〉の記事はこちら、〈サカイ〉の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。