Nike x Travis Scott Air Max 1

【プレミア化必至】Nike×TRAVIS SCOTT AIR MAX 1が12月に発売

「どうせ買えないんだろうな」と発売前から諦めモードが発令してしまいそうになるトラヴィス・スコットコラボの新モデルが登場。年内最後の運試しにいかが?


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : SNKRDUNK

即完売間違いなし!トラヴィス・スコットコラボのゴージャスなエアマックス1

2021年もっとも人気が高く、二次市場で高値で取引されたスニーカーであった〈Nike(ナイキ)〉×TRAVIS SCOTT(トラヴィス・スコット)×〈fragment design(フラグメントデザイン)〉によるAIR JORDAN 1。ハイカットはこちらの記事、ローカットはこちらの記事でLIVE IN RUGGEDでも紹介したが、今でもスニーカーヘッズから熱い視線を集めているが、年内にもう一発レアモデルが登場することが正式に決定した。
かねてより複数のカラーリングで登場することが噂されていたTRAVIS SCOTTコラボレーションのAIR MAX 1が12月16日(木)もしくは17日(金)に発売されるようだ。この記事を執筆している時点で明かされているのはバロックブラウン、ウィート、そしてサタンゴールドの3色。今後ほかのカラーも発表される可能性があるが、まずはバロックブラウンとウィートの公式ビジュアルと共にお届けしよう。
AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)と比較しても独自のデザインアレンジが施されたAIR MAX 1(エアマックス1)は、トラヴィス・スコットコラボらしいユニークなアッパーが特徴。すっかりおなじみになった反転したスウッシュは今回も採用され、ヒールからシューレースのパーツまで繋がるストラップやトラヴィス・スコットのシグネチャーである「Cactus Jack」のパッチなどで武装し、まさに唯一無二のデザインに仕上がっている。ハードコアな〈Nike(ナイキ)〉ファンはエアウィンドウが透明ではなくミッドソールと同色にペイントされている点もお気に入りポイントになるかもしれない。
バロックブラウンとウィートでは同じブラウン系のカラーリングとはいえ、トーンも色の濃さなども大きく異なっていて面白い。買えるならどっちでもいい!と思ってしまうのがファンの正直な気持ちではあるものの、皆さんはどちらのカラーがお好きだろうか?エアマックス1の素朴なデザインとブラウン系のカラーはストリートスタイルはもちろん、アメカジとの相性も抜群。もちろんモードなモノトーンスタイルの外しとして合わせてもクールに決まるはずだ。

できればたまには「GOT’EM」したいのですが…。

レアモデルの手に入れにくさと二次市場における転売問題など、人気ブランドならではの大きな悩みを抱えているものの、〈ナイキ〉が現在のスニーカーブームを大きく牽引していることは疑いようがない。極端に手に入れにくいことがますます人気を集め、市場価値を上げると共にブランディングとしても成功しているわけだけれど、レアすぎるモデルがローンチされるたびにスニーカー好きからの反発を招いていることもまた事実。12月に登場するトラヴィス・スコットコラボのエアマックス1がどれくらい生産され、どれくらいの人の手に渡るのかは予想が難しい。願わくば悪名高いSNKRSでも以前より多くのスニーカー好きが手に入れられる販売体制を整えてほしいところだ。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ナイキ〉の記事はこちらから。
発売と同時に瞬殺レベルで完売し異常なほどのプレミア価格で売買されているNike×TRAVIS SCOTT×fragment designによるAIR JORDAN 1はこちらの記事で振り返ってみよう。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。