Nike x Travis Scott x fragment AJ1 Low

【2021年屈指の争奪戦】NIKE × Travis Scott × fragment design AJ1 Lowが8月13日(金)に発売開始

8月13日(金)まで、世界中のスニーカーヘッズたちが「どうせ買えないだろう…」と「もしゲットできたら…」という揺れる思いを抱え眠れない夜を過ごすかもしれない。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Nike

ついに登場する夢のトリプルコラボのローカットは、細部のディテールがハイカットとはやや異なる仕様に

世紀のトリプルコラボレーションとして今年一番注目されているNike(ナイキ)のスニーカー。それが〈ナイキ〉×Travis Scott(トラヴィス・スコット)×fragment design(フラグメントデザイン)AIR JORDAN 1(エアジョーダン1)だ。
今年の2月にエアジョーダン1 HIGH OGが年内に発売されるという噂が突如生まれ(詳しくはこちら)、その後5月になってから赤×黒×白のシカゴカラーの登場の噂も出たことは〈ナイキ〉ファンおよびスニーカーヘッズであればご存じだろう。さらにローカットのAJ1も発売されるという噂が先行して生まれ、世界中のスニーカーヘッズたちをワクワクさせたことは記憶に新しい。
そして、ついにローカットのAJ1の公式ビジュアルが発表された。ハイカットモデルと同じく「Military Blue」と名付けられたロイヤルブルー/ホワイト/セイル/ブラックというエクスクルーシブなカラーリングを採用。まさにこのトリプルコラボ専用の素晴らしいルックスがローンチされる。
ちなみにハイカットモデルとは細部のカラーがやや異なる模様。マッドガードやアイステイ、ヒールタブと内側のスウッシュがブラックで、シュータンのロゴやライニング、ヒールカウンター、アウトソールがロイヤルブルーに。そしてシュータンやシューレース、外側のスウッシュ、ミッドソールがセイルカラーとなる。また、〈ナイキ〉を象徴するスウッシュはLa Flameのシグネチャーである反転仕様で、左足のヒールにはトラヴィス・スコットのシグネチャーである「Cactus Jack」のロゴ、右足のヒールにはウイングロゴと〈フラグメントデザイン〉の有名なサンダーボルトロゴが入る仕様となっている。


ブルー×ホワイト系×ブラックのカラーリングが爽やかながらメンズライク。反転したスウッシュが非常にアイコニックだ。

左足のヒールに「Cactus Jack」のロゴ、右足のヒールにウイングロゴとサンダーボルトロゴ。羨望を集めるストリートのアイコンがズラリ。


左右で色が異なる反転したスウッシュが入る。ただそれだけと言えばそれだけなのだが、そこに特別感を感じるのがスニーカー好き。

クラシックなエアジョーダン1の良さを最大限に活かしていることもこのコラボをみんなが欲しがる理由だ。

次の13日の金曜日は天国と地獄の分かれ道

〈ナイキ〉×トラヴィス・スコット×〈フラグメントデザイン〉エアジョーダン1 Low 「Military Blue」は8月13日(金)9:00から「SNKRS」で発売開始。価格は18,150円(税込)。日本中のスニーカーヘッズが虎視眈々と狙う超人気モデル、もし手に入れられれば最高の週末を迎えられるだろう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ナイキ〉の記事はこちらから。
同じく〈ナイキ〉×トラヴィス・スコット×〈フラグメントデザイン〉コラボレーションであるエアジョーダン1 HIGH「Cactus Jack Royal」エアジョーダン1 「シカゴ」も改めてチェック。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。