Dedicated to legend THE ROGER RF2 Set

テニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラーがデザインしたプロ仕様のスニーカーが誕生

〈KITH〉のロニー・ファイグと先日引退を表明した伝説級のテニスプレイヤー、ロジャー・フェデラーが今もっとも注目度の高いスニーカーブランド〈On〉とタッグ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : KITH

〈On〉×〈KITH〉×ロジャー・フェデラー
夢のトリプルコラボが実現

スイス北部にあるチューリヒで2010年に創業したスニーカーブランド〈On(オン)〉がファッションブランド〈KITH(キス)〉とプロテニスプレイヤーとして数々の偉業を達成したRoger Federer(ロジャー・フェデラー)とのトリプルコラボレーションモデルを制作。スニーカー業界に名を残すであろうスペシャルモデルが9月2日(金)に発売された。
〈オン〉は「ランニングの世界を変える」という大きな目標を掲げ、2010年にスイス・チューリヒで創業。足が地面に着地する時など、必要とされる瞬間だけ作動する世界初の特許取得技術である衝撃吸収システムを武器に、近年世界中のランナーやスニーカーヘッズ、ファッション好きを中心に信者を増やしている新興スニーカーブランドだ。
〈KITH〉は2011年にアメリカ・ニューヨークでRonnie Fieg(ロニー・ファイグ)が立ち上げたファッションブランド。洋服好きの方には説明不要だが、〈KITH〉は元々スニーカーセレクトショップとしてスタートしつつ途中でオリジナルのアパレルアイテムを展開し、ファッションブランドへと規模が成長した経緯を持つ。都会的でリラックスしたムードのある〈KITH〉の洋服はストリートファッション全盛の時代のニーズにも見事にハマり、一気に人気が爆発。カリスマ性のあるスニーカーショップとしてスタートしたバックボーンを活かし、〈Nike(ナイキ)〉をはじめとした人気スニーカーブランドとの別注モデルがオンラインストアでは即完売、実店舗では長蛇の列ができるなど、スニーカー業界においても多大な影響力を持つブランドである。
そして、ロジャー・フェデラー。スイス・バーゼル出身のプロテニスプレイヤーであるロジャー・フェデラーはまさに伝説だ。国際テニス連盟が定めた4大大会であるグランドスラムの優勝回数は歴代3位となる20勝。史上6人目のキャリア・グランドスラム達成者であり、ウィンブルドンは歴代最多である8回の優勝を記録。全米オープンも歴代最多記録である5連覇を達成し、マスターズ1000では歴代3位となる28回もの優勝を記録し、世界ランキング1位最長連続記録は237週をマークするなど、数字を見るだけでも凄まじいというほかない。つい先日現役引退を発表し世界中のスポーツファンを驚かせたが、史上最高のテニスプレイヤーと称されることも多いロジャー・フェデラーの偉業は時が経っても決して色褪せることはないだろう。

Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica
Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica

Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica
Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica

ミッドカットモデルは何とロジャー・フェデラー自身がデザイン

完成したのはミッドカットのTHE ROGER Clubhouse Midと、ローカットのTHE ROGER Pro。THE ROGER Clubhouse Midは何とロジャー・フェデラー自身がデザインしたというから、それだけでも非常に価値の高い一足と言えるだろう。クラシックなフォルムとミニマルなデザインで統一されたTHE ROGER Clubhouse Midは、オフコートでも履くことができるファッション性の高さも魅力。1990年代のテニスプレイヤーが履いていたテニスシューズを思い起こさせる履き口の盛り上がりが特徴的だ。
もちろん〈オン〉のスニーカーである以上、履き心地は抜群。特許技術であるCloudTec®クッショニングやSpeedboard®エンジニアリングを搭載し、ミッドソールにはZero Gravity foamとCloudTec®を採用。一日中着用していてもストレスや疲労感を感じにくい快適性を備えている。アッパーにはしっとりとした質感のあるヴィーガンレザーを使い、履き口とライニングにはリサイクルポリエステルを使用するなど、昨今のサステナブルへの要求もしっかり満たしている点も見逃せない。
一方、ローカットのTHE ROGER Proは1日中コートでプレーすることを想定して開発された〈オン〉初のハイパフォーマンステニスシューズとなる。同じくタンカラーのヴィーガンレザーを採用し、Zero Gravity foamのミッドソールを装備。テニスをする際に必須となる横方向への素早い動きをさり気なくサポートするために前足部の幅を広げ、ラバー製のトゥキャップを採用するなど、細部に至るまでプロ仕様のスペックを備えている。

Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica
Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica

Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica
Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica

Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica
Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica

Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica
Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica

Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica
Riho Yoshioka at Tiffany Blue Book 2022 Botanica

生々しさすら漂う秀逸なエイジング加工も魅力

そして、本モデル特有の超リアルなエイジング加工についても触れずにはいられない。THE ROGER Clubhouse Midには〈オン〉渾身のレッドクレー加工が施され、まるでロジャー・フェデラー自身がコートでハードにプレイした後のような凄みのあるルックスが与えられている。ロジャー・フェデラー自身の直筆サインが入るというから、ファンには文字通りお宝級の逸品だろう。
ちなみにローカットのTHE ROGER Proには〈KITH〉の創業者であるロニー・ファイグの直筆サインが入り、付属のレッドクレーでユーザーひとりひとりが思い思いのカスタマイズを施すことができる。
このスペシャルすぎるトリプルコラボレーションモデルは2つのモデルが1セットになったカスタムダブルパッケージに入って9月2日(金)にローンチされ、当然のことながらすでに完売。今後は二次流通市場でプレミア価格にて売買されることになると思われる。
伝説のプレイヤーであるロジャー・フェデラーのテニスへの深い愛情とファンへの感謝の思い、そしてプレイ時を支えるツールへの強烈なこだわりが注がれた本モデルは、〈オン〉にとってもスニーカー業界全体にとってもエピックなスペシャルモデル。例えプレミア価格になったとしても手に入れたいと思わせる魅力にあふれている。
LIVE IN RUGGEDがお届けするスニーカー関連の記事はこちらから。
2022年末にローンチされると噂のNike Air Jordan 1 Chicagoの情報はチェック済み?
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。