Porsche Design 911 Soundbar 2.0 Pro

【500台限定】Porsche Design® が 911 のエキゾーストパイプをリメイクしたスピーカーを発売

部屋の中がビリビリと震えるほどのド迫力サウンドか?現行型〈PORSCHE〉911の排気管を使い、出力300ワットの音響システムが完成。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Porsche Design®

〈ポルシェ〉が持つ思想と神話を自動車の世界を越えて表現

「20世紀最高の自動車設計者」と評されるFerdinand Porsche(フェルディナント・ポルシェ)が創立したドイツの自動車メーカー〈PORSCHE(ポルシェ)〉。同社が生み出した〈ポルシェ〉911は自動車業界の最高傑作のひとつであると同時に、世界中のスポーツカーのベンチマーク的存在でもある。優れたパフォーマンスと美麗なデザイン、時を超え愛される普遍性。現行モデルはもちろん、過去に発売されたクラシックカーにも熱心なファンが多いことはクルマ好きには説明不要だろう。
〈ポルシェ〉が持つ思想と神話を自動車の世界を越えて表現しているのが、1972年に設立されたラグジュアリーライフスタイルブランドである〈Porsche Design®(ポルシェ・デザイン®)〉だ。長い年月を掛けて培ってきたカー・エンジニアリングの技術を用いた様々なアイテムは、〈ポルシェ〉が持つ洗練されたデザイン美を感じられるモノばかり。そんな〈ポルシェ・デザイン〉からローンチされた異質なスピーカーがクルマ好きはもちろん、オーディオ好きやインテリア好きの間で話題になりつつある。

Porsche Design 911 Soundbar 2.0 Pro
Porsche Design 911 Soundbar 2.0 Pro

横幅約1500mm 重量約65kg
ヘヴィー級のスピーカーで大音量を楽しもう

先日ローンチされた逸品は「911 Soundbar 2.0 Pro」というクールなモデル名の通り、現行型〈ポルシェ〉911のエキゾーストパイプ(排気管)をリメイクした巨大なスピーカー。いわゆる「なんちゃって系」ではなく本物のエキゾーストパイプを再利用しているため、恐らくこの記事をご覧の皆様が想像する以上にデカい。約1,500×460×500mmという小柄な女性の身長と同程度の横幅を持ち、重量は約65kg。一応壁掛けすることもできる仕様になっているようだが、一般的な住居の壁に設置すると漆喰ごと崩壊する恐れがありそうだ。とはいえ、「Form follows function(形態は機能に従う)」の精神を直球で体現した本アイテムはクルマ好きであれば無条件で反応してしまうほどかっこいいし、男心をくすぐる無骨な魅力であふれている。
ちなみに見るからにアナログなルックスとは裏腹に、4K対応のHDMI端子やBluetooth 5.0、DTS-HDのDolby Atmosにも対応し、多数のプレミアムストリーミングサービスプロバイダーやSpotify Connect、インルーム・マルチチャンネル・ストリーミング技術なども装備する現代的な仕様である点も魅力。マルチルーム用Google ChromecastとApple AirPlay 2の両システムにも対応可能となっている。
12,000ドル(約177万円)というさすがのプライスが掲げられているが、製品自体の凄まじさと世界限定500台という希少性を考慮すると納得できてしまう。〈ポルシェ〉の美学が反映された唯一無二の音響システムに魅力を感じる方は売り切れる前に〈ポルシェ・デザイン〉の公式サイトをチェックしてみよう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ポルシェ〉の記事はこちらから。
その他自動車関連の記事はこちらをチェックいただきたい。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。