Sasquatchfabrix. × KATHARINE HAMNETT

Sasquatchfabrix. と KATHARINE HAMNETT がデニムコレクションを発売

反体制的なカウンターカルチャーと結びつき、自由・反抗のシンボルであったデニムを素材に使ったコラボレーションコレクションが完成


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Sasquatchfabrix.

〈Katharine Hamnett〉が得意とするメッセージ性を持つファッションをデニムで表現

〈Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス)〉と〈KATHARINE HAMNETT(キャサリン ハムネット)〉によるコラボレーションコレクションが3月30日(土)にローンチされた。
〈Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス)〉は横山大介と荒木克記が2003年に設立した東京のファッションブランド。東京のストリート要素を取り入れつつ、現代的な感性も交えたコレクションもさることながら、得意とするグラフィックは国内外での立体造形物によるインスタレーションやアート展を開催するほど。独自の世界観を持つアート性の高いファッションブランドとして、カリスマ的な人気を集めている。
一方〈キャサリン ハムネット〉は1979年にイギリスで設立。伝統的なスタイルにモードやストリートのエッセンスを加えたコレクションを展開。上記の「併せてチェックしたい – NEIGHBORHOOD × Katharine Hamnett が再びコラボ – メッセージ性の高いTシャツを9月2日(土)に発売」のように、反戦をストレートに伝える強いメッセージを込めたデザインでも高く評価されている。
本コレクションでは〈キャサリン ハムネット〉の代名詞とも言えるスローガンシリーズにフォーカス。デニムオンデニムのクラシックな作風ながら、今のファッションにも合わせられるデザインが完成した。

Sasquatchfabrix. × KATHARINE HAMNETT
Sasquatchfabrix. × KATHARINE HAMNETT
Sasquatchfabrix. × KATHARINE HAMNETT
Sasquatchfabrix. × KATHARINE HAMNETT
Sasquatchfabrix. × KATHARINE HAMNETT
Sasquatchfabrix. × KATHARINE HAMNETT

かつて社会的に強く持っていた “自由・反抗” の精神を宿すデニムウェア

労働者のための作業着として生まれ、のちに反体制的なカウンターカルチャーと結びつくことで独自の進化を遂げたデニムを使ったジャケット、パンツ、ベスト、シャツ、バッグなどは、いずれもかつて社会的に強く持っていた “自由・反抗” の精神を宿している。どことなくヒッピー的な雰囲気を持ちながら、変形ポケットや洗練されたカッティングによって2024年の今着用してかっこいいファッションとして成立させるセンスは、まさに〈サスクワァッチファブリックス〉と〈キャサリン ハムネット〉のタッグと言っていいだろう。
少量のエッジーさを持ちながら、誰でも気軽に取り入れられるところがデニムが素材の洋服ならでは。この春は〈サスクワァッチファブリックス〉と〈キャサリン ハムネット〉のレアなコラボレーションを楽しんでみてはいかが。ちなみに「DOVER STREET MARKET GINZA(ドーバー ストリート マーケット ギンザ)」で先行販売され、その後取扱店舗にてローンチされる。
LIVE IN RUGGEDがお届けするデニム関連の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED 公式インスタグラムのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

RECOMMEND