BVLGARI Octo Finissimo Ultra

BVLGARI が厚さ1.8mmの世界最薄時計 Octo Finissimo Ultra を発表

折れたりしないんですかね…?


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : BVLGARI

厚さ1.8mm!?嘘だろ!?

「2030年頃の完成を目指して開発中です」というわけではなく、すでに完成。イタリアの老舗高級ジュエリーブランド〈BVLGARI(ブルガリ)〉が世界最薄の時計を発表した。ケースの厚さ1.8mmという驚異的な薄さを実現したOcto Finissimo Ultra(オクト・フィニッシモ・ウルトラ)のディテールに迫る。
Octo Finissimo(オクト・フィニッシモ)コレクションの最新モデルであるオクト・フィニッシモ・ウルトラは、特に時計を横から眺めた際に誰もが目を疑うだろう。この時計に搭載されるムーブメントが何であれ…クオーツや、例えソーラーパネルだとしても…1.8mmという厚さは常軌を逸している。そして、れっきとした機械式時計であることを知れば「一体どうなってるんだ?」と思わずにはいられないはずだ。
サンドブラスト加工を施したチタニウム製(1.8mm)とブレスレット(1.5mm)で構成されるこの時計は、〈ブルガリ〉の技術力を結集した意欲的なモデル。裏蓋から文字盤の上にセットされるサファイアクリスタル製のトップまで、クレジットカード1枚分程度の厚さしか持たないというのだから、時計業界の技術の進歩にはただただ驚いてしまうばかり。もちろん開発開始から完成まで紆余曲折があったらしく、複数の技術者が集まり、約3年の開発期間を経て完成したのだという。まずはその驚異的な薄さを以下フォトギャラリーでお楽しみいただきたい。

BVLGARI Octo Finissimo Ultra
BVLGARI Octo Finissimo Ultra

BVLGARI Octo Finissimo Ultra
BVLGARI Octo Finissimo Ultra

BVLGARI Octo Finissimo Ultra
BVLGARI Octo Finissimo Ultra

世界最薄の時計として記録更新

文字盤を見るとメカメカしい内部構造が透けて見える。オクト・フィニッシモ・ウルトラの文字盤は一部がスケルトン仕様になっており、世界最薄のムーブメントが稼働する様子を着用しながら眺めることができるようになっている。搭載されるムーブメントは機械式かつ手巻き式のCal.BVL180。毎時28,800振動のハイビート仕様で、この薄さにもかかわらずパワーリザーブは50時間という長さを実現したという。
なお、この時代の最新ウォッチにふさわしく、本モデルは動画やNFT、メタバースとの接続が可能。文字盤上にあしらわれたQRコードを読み込むことで、デジタルの世界へコネクトすることができる。
一番心配なのは、日常使いをしていて破損しないのかという点。あまりに薄すぎるため少し力を加えると曲がってしまったり、最悪の場合「バキッ」と折れてしまう不安感を感じるのだけれど、それは大丈夫なのだろうか…。耐久性や耐衝撃性に関しては特にアナウンスがないものの、〈ブルガリ〉製の時計が簡単に破損することも考えにくい。きっと見た目以上の頑丈さを持っているはずだ。
〈ブルガリ〉オクト・フィニッシモ・ウルトラは世界限定10本のみ製作され、価格は約5,330万円。世界でもっとも薄い時計として記録を更新したこと、老舗ジュエラーが3年もの年月をかけて開発した世界限定10本の時計であることを考えると、熱狂的な時計好きにとってはお安いものかも…?
〈ブルガリ〉公式サイトで詳細に関する問い合わせを受け付けているので、我こそはという方は購入の意思と共に問い合わせてみてはいかがだろうか。
LIVE IN RUGGEDがお届けする時計関連の記事はこちらから。
「こういうのじゃなくて、スタンダードな時計が見たいんだ!」という方は、抜け出せない〈ロレックス〉の沼にハマっている @lovercrescendo さんのヴィンテージ・ロレックスを堪能してみてはいかが?
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。