2022 TUDOR Black Bay GMT S&G

【2022年新モデル】TUDOR が伝説的な「ルートビア」カラーの BLACK BAY S&G を発表

ヴィンテージウォッチファンが思わず反応してしまうカラーウェイ!〈TUDOR〉だからこそ実現できるコストパフォーマンスの良さにも大注目。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : TUDOR

〈ロレックス〉GMTマスター「ルートビア」直系のデザイン

スイス・ジュネーブの時計見本市「Watches and Wonders Geneva 2022」にて各社がお披露目した新型ウォッチから、〈Rolex(ロレックス)〉と〈TUDOR(チューダー)〉に的を絞って注目モデルを連日にわたりフィーチャーしてきた(それらの記事は以下の【ロレックス2022年最新モデルバックナンバー】をチェック)。恐らくその最後を飾るのが、本稿で紹介する〈チューダー〉BLACK BAY GMT S&Gだ。一目見てあの有名なヴィンテージウォッチが頭に浮かぶクラシックなルックスと、同ブランドならではの高い品質、そして他を圧倒するコストパフォーマンスが光る新型GMTウォッチのディテールに迫る。
〈チューダー〉の看板モデルであり、スポーツウォッチ全体を見ても近年のヒットモデルであるBLACK BAYシリーズが絶好調だ。「Watches and Wonders Geneva 2022」で発表された同シリーズの最新モデルのひとつが、本稿で紹介するBLACK BAY GMT S&G。その名の通りGMT機能を備えたスポーツウォッチで、ケースとブレスレットがシルバーカラーのステンレススチールとイエローゴールドで構成されるラグジュアリーな仕様となっている。
特にヴィンテージウォッチがお好きな方がこの時計を見れば、全員の頭の中に〈ロレックス〉GMTマスターのヴィンテージモデルのひとつ、通称「ルートビア」が浮かぶのではないだろうか。ブラウンカラーとゴールドカラーに精悍なブラックカラーを織り交ぜて全面に押し出した「ルートビア」は、1970年代に〈ロレックス〉が製作していたGMTマスターのカラーウェイ。ブラウン系の華やかながら渋い色合いはここ数年で価値が認められ、ひと昔前までの100万円以下の相場が信じられないほど相場が一気に上昇した。「あの時買っておけば良かった…」という後悔は〈ロレックス〉につきものだけれど、そんな悔しい思いをしていた方はこの〈チューダー〉の最新ウォッチを真剣に検討してほしい。ノスタルジックなカラーコンビとオリジナルのデザイン、現代的な仕様を兼ね備えながら〈ロレックス〉よりもはるかに安価な値段で購入できる。

2022 TUDOR BLACK BAY GMT S&G
2022 TUDOR BLACK BAY GMT S&G

ノスタルジーをデザインさせたら、〈チューダー〉は天下一品

2トーンカラーの時計はここ数年ちょっとしたブームになっており、BLACK BAY GMT S&Gはその流れに乗った(ユーザーが求める要望に応じた)モデルと言える。ブラック×ゴールド、そしてアイボリーに見えるホワイトで構成される〈チューダー〉ならではの文字盤とイエローゴールドのベゼル。24時間目盛りはマットブラウンとブラックの2トーンカラーで、まるで数十年前からタイムスリップしてきたようなルックスだ。ステンレススチールの硬質なケースと、中央にイエローゴールドを挟むシルバーカラー&イエローゴールドのブレスレットも、目新しさこそないものの、往年のヴィンテージウォッチを思い起こさせる素晴らしい組み合わせ。〈チューダー〉が現在持っているブランドイメージ…長い歴史を持つ老舗メーカーであることや、古いモデルに敬意を払いつつ挑戦的な姿勢を貫くこと…をとてもよく表したモデルだと思う。実際、ヴィンテージウォッチを好む層から早くも好意的な反応を集めているようだ。
〈チューダー〉BLACK BAY GMT S&Gはポリッシュとサテン仕上げを巧みに使い分けた41mmのケースにGMT機能を備えたCal.MT5652をセット。両方向回転ローターを搭載する機械式自動巻ムーブメントは約70時間ものパワーリザーブを達成している。これは2018年から〈チューダー〉のブラックベイシリーズなどで使われている完全自社開発のもので、スイス公式クロノメーター検定機関のCOSC(The Contrôle Officiel Suisse des Chronomètre)をクリアしている高精度ムーブメントだ。取得すること自体がかなりハードルが高いCOSCを通過したムーブメントが使われていることだけでもとても価値がある。でも、本記事ではムーブメントよりもルックスの素晴らしさを称えたい。もしかしたら〈ロレックス〉をいくつも所有するハードコアなオーナーはこの時計を見て少し失笑しているかもしれないし、ひねりがないと言われたら返す言葉を探すのが少し難しいのだけれど、正直に言ってBLACK BAY GMT S&Gは最高にクールなデザインだと個人的には感じている。

2022 TUDOR BLACK BAY GMT S&G
2022 TUDOR BLACK BAY GMT S&G

2022 TUDOR BLACK BAY GMT S&G
2022 TUDOR BLACK BAY GMT S&G

一粒で二度美味しく、コストパフォーマンスが圧倒的

先述の通り「ルートビア」を彷彿させるカラーウェイのまとめ方は秀逸だし、ポイントで使われるイエローゴールドは実用的なスポーツウォッチに独自のラグジュアリーさを追加することに成功している。ドーム型のグレインマットブラックダイヤルもヴィンテージ感を潜在的に感じさせる良いデザイン処理だ。全体をじっくりと眺めて思ったのは、ヘリテージを感じさせる商品開発に特化した〈チューダー〉らしさがストレートに表れた逸品であるということ。恐らく先日紹介したBLACK BAY PROの方が売れるだろうけど、BLACK BAY GMT S&Gも古き良き時代の時計にシンパシーを感じる時計ファンから愛されるのではないだろうか。
BLACK BAY PROと同じく、BLACK BAY GMT S&Gにもステンレススチール製ブレスレットタイプとレザーストラップタイプ、そしてファブリックストラップタイプの3タイプが用意されている。とはいえ、ブレスレットタイプはイエローゴールドが使われているゴージャスな仕様。その分3モデルの間で大きな価格差が発生している。ステンレス×イエローゴールドのブレスレットタイプは634,700円。レザーストラップタイプとファブリックストラップタイプは490,600円と、10万円以上の違いがあるので、金属製のブレスレットであることにこだわりがない方は安価なモデルを選ぶことをおすすめしたい。
ノスタルジックなカラーウェイを与えられたヴィンテージ感たっぷりのBLACK BAY GMT S&Gは、新品状態で味のある雰囲気を堪能できる「一粒で二度美味しい」稀有な時計。何年も使い込んだ後のエイジングも楽しめそうだ。このルックスと作りでアンダー50万円から購入できる圧倒的なコストパフォーマンスも素晴らしい。
〈ロレックス〉がこの春発表した新作モデルに関する記事は以下からチェックしていただきたい。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈チューダー〉の記事はこちらから。
時計関連の記事はこちらをチェック。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。