Freshly Sharpened New Rolex Air-King

【2022年新モデル】細部をアップデートした絶対定番モデル、Rolex Air-King

〈Rolex〉の2022年最新モデルに迫る短期連載。第1回目のGMTマスターIIに続き、本稿でお届けするのは長く展開されてきたAir-King。最新モデルは「定番」の評価に満足せず、絶え間ないアップデートを図る〈Rolex〉の探求心が詰まっていた。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Rolex

愚直なまでに細部をアップデート

スイス・ジュネーブで開催中の時計見本市「Watches and Wonders Geneva 2022」にてお披露目された〈Rolex(ロレックス)〉の最新モデル。昨日の投稿ではGMT-Master II(GMTマスターII)の最新モデルを紹介したが、本稿ではAir-King(エアキング)をご紹介。〈ロレックス〉の長い歴史において絶対定番モデルとして世界中の時計好きから愛されてきたエアキングも、素材や時計本体のシェイプ、デザイン、機構に至るまで幅広いアップデートが施された。
【ロレックス2022年最新モデルバックナンバー】
Rolex GMT-Master II 初となる緑×黒ベゼル&レフティ仕様の意欲作
数十年前のごくシンプルなデザインと機構を備えていたヴィンテージモデルに比べ、現代のエアキングはずいぶんラグジュアリーになったな…と改めて痛感した。エアキングにはスポーツウォッチ特有の複雑機構…例えばストップウォッチ機能や数百メートルの深度でも機能する防水性…は備わっていなく、時計自体は今でもごくシンプルな作りではある。でも、だからといってハイテクニカルなスポーツウォッチと比べてこの時計が劣っているわけではない。シンプルでミニマルなデザインと機能はそのままに、ひたすら時計自体の品質を向上させる挑戦が行われているのが、エアキングという名作の最大の魅力なのだと思う。
最新モデルはこれまで培ってきたアイデンティティを大切にしながらいくつもの改良を実施。ケースはサイドが直線的な真新しい形状が与えられ、男性的な力強さと繊細さを兼ね備えたフォルムに生まれ変わった。センターリングの幅を広くしたオイスターブレスレット、エアキングでは初となるセーフティーキャッチ付オイスターロッククラスプの装備も美観と機能性を向上させる施策のひとつ。そして、ミニッツスケールの「5」の前に「0」を加えることで文字盤上のデザインバランスも改良させている。これによって5分間隔の数字はすべて2桁で表示されるようになり、これまで以上に時刻を確認しやすくなっている。併せてクロマライトディスプレイを採用することで暗闇でも高い視認性を確保。12時位置の三角形のアワーマーカーと針は新しい発光素材で充填またはコーティングされている。このアップデートだけでも、エアキングがいかにユーザビリティーを重視しているかが分かるはずだ。

2022 Rolex Air-King
2022 Rolex Air-King

2022 Rolex Air-King
2022 Rolex Air-King

より快適で便利に

ケースサイズは40mmとやや大型。小振りなヴィンテージモデルを懐かしく感じる?でもちょっと待って。最新モデルには「今のロレックス」だから享受できる美点もたくさんあるのだから。
まず、オイスターケースは水深100mまでの防水性を持ち、ミドルケースは耐蝕性に優れる〈ロレックス〉オリジナル開発の合金であるオイスタースチールの塊から製造される。バックケースは〈ロレックス〉のウォッチメーカーだけが開閉できるよう設計された専用工具で厳重に密閉されており、二重密閉構造の防水システムを搭載。さらにケース一体型のリューズガードで保護されたツインロックリューズでケースにしっかりとねじ込まれるため、メーカーが公表する数値をそのまま100%信頼できる完全な防水性を実現している。
ヴィンテージ・ロレックスが防水性に関しては疑問点が多く、日常使いをするにはやや不安を感じる場面があるのに対し、現行モデルはその手の心配は一切いらない。時計が生活に密接したツールであることを考えると、この信頼性は大きなアドバンテージだ。
時計本体に近いくらいアイコニックなオイスターブレスレットの機能性にも注目してほしい。特許取得済みのセーフティーキャッチ付オイスターロッククラスプは、ブレスレットが誤って開くことを防いでくれる画期的な機構。ブレスレット自体の長さを約5mm延長できるイージーリンク(エクステンションリンク)も実用的だ。時計を身に着けるうえで生じるネガティブな側面をひとつずつ潰すアップデートにも、現状に決して満足しない〈ロレックス〉の企業姿勢が表れている。

2022 Rolex Air-King
2022 Rolex Air-King

2022 Rolex Air-King
2022 Rolex Air-King

目に見えない細部に至るまで完全自社開発し、品質と機能をアップデート

ムーブメントは〈ロレックス〉が完全に自社開発・製造したCal.3230を搭載。2020年に完成したこのムーブメントは、GMTマスターIIと同じく特許を取得したクロナジー・エスケープメントを採用し、ニッケル・リン合金製のため磁場の影響を受けにくい仕様に。常磁性合金から作られたブルー・パラクロム・ヘアスプリングによってあらゆる向きでキャリバーの等時性を確保すると共に、振動子には特許を取得した高性能パラフレックス・ショック・アブソーバを搭載することでムーブメント自体の耐衝撃性を高めている。これもまたGMTマスターIIと同様に、約70時間というロングタイムのパワーリザーブを達成した。
シンプルな3針仕様の時計であるエアキングは他の著名なスポーツモデルと比べて格下と思われることも多いが、〈ロレックス〉の本質を知るという点でいつの時代もベンチマークであり続けている。時刻を知るという日常的な行いにもっともシンプルに応え、デザインを緻密に計算し、素材や作りに絶え間ないアップデートを加えていく。気の遠くなるような年月を掛けて改良されてきたこの時計には、品質への絶対的なこだわりと挑戦が詰まっており、それが時代に左右されない普遍的な魅力へと変化しているのだ。
「ロレックスバブル」と言われるほど異常なほど人気が上がった〈ロレックス〉では、現在直営店のショーケースは陳列する商品がほとんどないくらい需要と供給のバランスが崩れている。エアキングはエントリーモデルのひとつでもあるので、かつては当たり前のようにどこの直営店でも購入できた。ところが今ではほぼ完全に姿を消し、並行店ではプレミアが付いているほど。それに嫌気が差してしまう気持ちはとてもよく分かるけれど、どんなに待っても、あるいは多少プレミア分を上乗せしても欲しいと思う気持ちもよく分かる(毎日のように直営店に足を運ぶ「ロレックスマラソン」を頑張っている方は本当にリスペクトしている)。
エアキングは独創的なデザインを与えられた唯一無二の時計としても、〈ロレックス〉の普遍性を味わう意味でも猛プッシュしたい。816,200円という価格も、掛けられたコストと価値を考えると納得できる。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ロレックス〉の記事はこちらから。
時計関連の記事はこちらをチェック。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。