Best Backpack Part13 GLENROYAL

【第13回】最高のバックパックを探せ! – GLENROYAL NYLON BACKPACK

星の数ほどあるバックパックの中から買うに値する逸品を見つけ出す短期連載「最高のバックパックを探せ!」。第13回は〈GLENROYAL〉のナイロンバックパックをフィーチャーする。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : GLENROYAL

〈GLENROYAL〉初のバックパックは、ユーザー目線をしっかり具現化したミニマルデザインが魅力

堅牢なブライドルレザーを使った革製品を制作するスコットランドのレザーブランド〈GLENROYAL(グレンロイヤル)〉がブランド初となるバックパックを生み出した。
生粋のレザーブランドである〈グレンロイヤル〉がナイロン製のバックパックを作ったこと自体にちょっとした驚きがある。同ブランドがこれまで制作してきたアイテムは100%と言っていいレベルでブライドルレザーを主軸にした革製品だったからだ。しかし、収納力が高くユーティリティー性に優れたバックパックが近年ビジネス/カジュアルシーンを飛び越えて浸透し、〈グレンロイヤル〉の顧客層からの需要もあったことから新規開発に乗り出したようだ。
とは言え、素材に上質なブライドルレザーを巧みに組み合わせるなど、このブランドらしいオリジナリティもしっかり健在。ミニマルでユニセックス、何よりも新鮮さのある〈グレンロイヤル〉のバックパックの魅力をしっかり探ってみよう。
ベースとなるのはバックパックの中でも一日分の荷物が入る程度のコンパクトサイズであるデイパック。カジュアルなハイキングなどで使われることの多かったデイパックは、誕生からしばらくすると小振りなサイズ感と使い勝手の良さから都市生活者にも支持され、様々なブランドから登場している。〈グレンロイヤル〉が選んだのはオーセンティックな楕円型で、メイン収納部のほかに大きなアウトポケットが配置されているのが特徴だ。奇をてらったデザインや仕様を採用するのではなく、誰にとっても使いやすいことを最優先したことがよく伝わってくる。バックパックはあらゆるブランドが個性を出そうと躍起になっていて、そのせいかToo muchなデザインが多いことも否めない。その中で〈グレンロイヤル〉がパッと見て無個性に見えるデザインにしたことは、同ブランドを愛するユーザーの嗜好や要望を上手に具現化した結果ではないだろうか。

Best Backpack Part13 GLENROYAL
Best Backpack Part13 GLENROYAL

Best Backpack Part13 GLENROYAL
Best Backpack Part13 GLENROYAL

Best Backpack Part13 GLENROYAL
Best Backpack Part13 GLENROYAL

ビジネス/カジュアル両シーンで違和感なく着用可能

ミニマルなデザインに徹底したのは、カジュアルシーンだけではなく、ビジネスシーンでも違和感なく使えることを念頭に作られた背景もあるようだ。休日のお出かけ時にこのバックパックを背負うとカジュアルになりすぎないし、逆にジャケットを着るような通勤時に背負うと程よくカジュアルダウンしてくれる。そんな絶妙なバランス感が備わっている点もこのバックパックの魅力と言えるだろう。
メインとなる素材は高密度でハリがありながら、程よく柔らかさと光沢感のあるナイロン。撥水性も備わっており、天候の変化が気になる日でも気兼ねなく着用できる。そして、ハンドル部分やショルダーストラップの繋ぎ目、ジッパープルなどに上質なブライドルレザーを使い、〈グレンロイヤル〉らしい上品さを演出。ナイロン素材が主軸であってもレザーブランドであることの誇りを込めた仕様が嬉しい。

Best Backpack Part13 GLENROYAL
Best Backpack Part13 GLENROYAL

Best Backpack Part13 GLENROYAL
Best Backpack Part13 GLENROYAL

Best Backpack Part13 GLENROYAL
Best Backpack Part13 GLENROYAL

Best Backpack Part13 GLENROYAL
Best Backpack Part13 GLENROYAL

日帰り用バックパックとして男女問わず使える優秀さ

カラーはアッシュグレーとブラックという都会的な2色展開。定番カラーであるブラックは間違いない選択だし、意外と選ぶ人が多くないグレーはさり気なく個性を楽しめそうだ。また、これからの季節に羽織りたいコートなどボリュームのあるアウターとの相性の良さも特筆したい。バックパック自体は比較的コンパクトなサイズ感だが、存在感を損なわないやや大きめのサイズ感に設計されているので、ステンカラーコートなどボリュームのあるアウターにもバランス良く合わせることができる。
ボディ下部にしっかりマチを取り、サブポケットとサイドポケットをバランスよく配置させるなど、収納力をキープしたまま背負った時のスマートさを確保するなど、荷物をたくさん詰め込んだ際にも美しく見えるよう考慮し設計されている。縦46cm×横31cmの実寸サイズおよび18.5リットルの総量は、A4ファイルやラップトップPCも収納可能。デイリーユースとして見た目以上に心強い相棒になってくれることだろう。
レザー一筋で揺るぎない地位を築いた老舗ブランド〈グレンロイヤル〉が満を持して新しく生み出したナイロン製のバックパックは、都市生活者はもちろん、休日にハイキングなどのアウトドアアクティビティを楽しむ人にもおすすめできる逸品だった。男女問わずユニセックスで使えるバックパックとしても絶妙な仕上がりで、ミニマルなルックスは飽きることなく長く使えそう。シンプルで大人っぽいバックパックをお探しの方は、ぜひ店頭で手に取って確認してみてはいかがだろうか。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈グレンロイヤル〉の記事はこちらから。
短期連載「最高のバックパックを探せ!」のバックナンバーは以下の「BACK NUMBER」からチェックしてみよう。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

BACK NUMBER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。